クレジットカード比較

JALとANAのマイル比較

飛行機のマイルを貯めたければ、やはりJALカードかANAカードをおすすめします。
JALマイレージバンクもANAマイレージバンクも2008年に大幅なリニュアールが行われました。
改訂されたポイントは主に3つです。
1つがマイルの有効期限です。
従来はマイルを獲得した月に関係なく、利用した年の翌々年度の年末に一斉に期限切れとなっていました。
それがマイルを獲得した月から36ヶ月後の月末へと変更されました。
従来は最大36ヶ月の有効期限でしたから、少し延長されたことになります。
2つ目はプレミアムメンバーに関する基準や制度の変更を行っていることです。
3つ目は特典交換の条件変更です。
マイルを貯めて特典航空券と交換することができます。
その際に必要となるマイル数が変更されたのです。
従来は一律で2区間15000マイルと決まっていましたが、区間距離に応じてグループ分けされて必要マイル数が決められました。
JALとANAの特典航空券へ交換するのに必要となるマイル数の比較をしてみます。
近距離区間ではJALは12,000マイル(JALカード割引なら11,000)、ANAは12,000マイル。
標準区間ではJALは15,000マイル(JALカード割引なら14,000)、ANAは15,000マイル。
遠距離区間ではJALは20,000マイル(JALカード割引なら19,000)、ANAは18,000マイル。
ANAはさらに超遠距離区間を設けていてこちらは20,000マイルとなっています。
これだけ比較すると遠距離においてはANAの方がお得に見えますが、グループ分けが違っているので一概には言えません。
例えばANAでは東京-沖縄や名古屋-沖縄を遠距離区間としているので18,000マイルなのですが、JALでは標準区間に入りますから15,000マイルになるのです。
さらにJALの場合には、JALのクレジットカードである「JALカード」の会員割引を設定しています。
JALカード会員は通常マイルよりも1,000マイル少なく利用することができるのです。
必要マイル数だけを比較してみれば、JALの方がお得になると思います。
さらに言うならばJALのクレジットカードを持っていた方がもっとお得になるということです。

 JALとANAのマイル比較 

アフラックのアヒル  アフラックの代理店  アフラックの医療保険  アフラックの子ども保険  アフラック生命保険  オーネット  無利息キャッシング  自分専用のドメインを取ろう!  低金利おまとめローン  マンツーマン英会話
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi