クレジットカード比較

シティカード

数あるクレジットカードの中でも世界最大級の知名度と発行枚数を誇る「シティカード」。
シティカードのすごさと、シティカードの各ラインナップを比較してみたいと思います。
シティカードでは全てのグレードで年会費以上のサービスを提供しています。
シティカードの年会費と付帯ブランドを比較します。
「シティ キャッシュバックカード」の年会費は3,150円、家族会員は525円、国際ブランドはVISAです。
「シティ リワードカード」の年会費は3,150円、家族会員は525円、国際ブランドはマスターカードです。
「シティ エリート」の年会費は3,150円、家族会員は525円、国際ブランドはVISAです。
「シティ リワードワールドカード」の年会費は12,600円、家族会員は1,050円、国際ブランドはマスターカードです。
「シティ ゴールドカード」の年会費は12,600円、家族会員は6,300円、国際ブランドはVISAとマスターカードです。
「シティ セレクトVISAプラチナカード」の年会費は36,750円、家族会員は無料、国際ブランドはVISAです。
「デルタスカイマイルのシティゴールド」の年会費は18,900円、家族会員は9,450円、国際ブランドはVISAです。
「デルタスカイマイルのシティプラチナカード」の年会費は42,000円、家族会員は無料、国際ブランドはVISAです。
シティカードの最大の特徴は「シティリワードプログラム」というポイント制度にあります。
最も大きなメリットはポイントに有効期限がないことです。
有効期限を気にすることなく、ポイントをゆっくりとたくさん貯めていくことができます。
基本ポイントとしては、100円ごとに1ポイント付与されて、5000ポイントで2,000円分のギフト券などに交換することができます。
6000ポイントで2,000円分のキャッシュバック、13000ポイントで5,000円分のキャッシュバック、26000ポイントで10,000円、52000ポイントで20,000円、70000ポイントで30,000円分となっています。
利用金額に応じて、ポイントが1.5倍になったり2倍、3倍になったりします。
そしてシティカードの魅力的な点として、Edyのチャージなどでもポイントが満額付与される点です。
他のカードと比較してみても、ポイントが満額付与されるクレジットカードはそんなにないためかなりのメリットです。
シティカードでチャージしたEdyをコンビニで使ったとしたら、チャージするときにシティリワードポイントが付与されて、コンビニで使うときにEdyポイントがもらえて二重にお得になります。

 シティカード 

アフラックのアヒル  アフラックの代理店  アフラックの医療保険  アフラックの子ども保険  アフラック生命保険  オーネット  無利息キャッシング  自分専用のドメインを取ろう!  低金利おまとめローン  マンツーマン英会話
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi