クレジットカード比較

ETCカード

車を使う人はぜひ持っていたい1枚がETCカードです。
クレジット会社によって無料のものと有料のものがあります。
ETCカードを使えば、高速道路の料金所に行くたびにその都度お金を出すという動作が不要になり清算をスムーズにすることができます。
クレジットカード会社から後日まとめて請求されるので、ポイントを貯めることもできます。
またETCカードを使うと高速道路の通行料が割引されるという大きな特典もあるのです。
ETCカードは年会費無料で利用できるものもたくさんありますが、ここ数年で無料だったものが有料になるという現象が起きています。
しかし楽天市場のように無料から年会費が525円になったとしても、その分楽天のポイントがつくため楽天市場を利用している人には大変便利なのです。
このように提携先や特典の多いクレジットカードのETCを選んだ方がたとえ有料だとしてもお得になるということを覚えておいてください。
人気のETCカードを比較してみます。
「ライフカード」は、ライフカードの年会費もETCの年会費も無料となっています。
ポイントは100円=0.1ポイント付与されて、ポイントの有効期限は5年間となっています。
1100ポイント=5,000円の商品券へ交換できます。
ライフカードはポイントサービスが充実しています。
当然ETCで利用した分もポイント対象となるため、大変お得なカードとなっています。
「JCB EITカード」は、JCB EITカードの年会費もETCの年会費も無料となっています。
1,000円=2ポイント付与されて、ポイントの有効期限は2年間となっています。
1050ポイント=5,000円の商品券へ交換できます。
「MUFGゴールドカード」はゴールドカードの年会費が初年度無料でETCの年会費も無料となっています。
1,000円=1ポイント付与されて、ポイントの有効期限は2年となっています。
200ポイントから商品交換することができます。
こうして比較してみると、ライフカードのポイントの有効期限が5年間というのはかなり長くて、コツコツとポイントを貯めることができてお得です。
JCB EITの場合、他のカードと比較するとポイントが2倍になっているので、ポイントが貯めやすいことがメリットです。
MUFGの場合、ゴールドカードなのに年会費が初年度無料で利用できるというお得なカードです。

 ETCカード 

アフラックのアヒル  アフラックの代理店  アフラックの医療保険  アフラックの子ども保険  アフラック生命保険  オーネット  無利息キャッシング  自分専用のドメインを取ろう!  低金利おまとめローン  マンツーマン英会話
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi