クレジットカード比較

公共料金の支払いでお得

公共料金の支払いを現金支払いあるいは口座振替にしていませんか。
毎月支払う公共料金、電気代や水道代やガス料金、電話代など合計するとかなりの金額になっているのです。
これをただ支払うのではなく、クレジットカードで支払うことによって割引特典があったり、ポイントを貯めることができたりしてかなりお得になるのです。
何種類もあるクレジットカードの中には、カードの利用額に応じて割引できるものがあるため、うまく利用すれば公共料金を節約することができます。
さらにクレジットカードを使って買い物をすればポイントがさらに貯まってお得に節約することができます。
ポイントの貯まりやすいクレジットカードで支払えば、ポイントが貯まって商品券などをお得にゲットすることができるので、結果としてそれが公共料金の節約につながります。
公共料金の支払いに活躍するのは、年会費無料で使えるクレジットカードです。
公共料金の支払いにおすすめのクレジットカード4種類を比較してみたいと思います。
「ライフカード」は年会費無料、100円=0.1ポイント付与、ポイント交換は1000ポイント=5,000円分商品券で1800ポイント=10,000円分商品券です。
「JCB EITカード」は年会費無料、1,000円=2ポイント付与、ポイント交換は1050ポイント=5,000円分商品券、キャッシュバックなら1ポイント=4.5円となっています。
「楽天カード」は年会費無料、100円=1ポイント付与、ポイント交換は1ポイント=1円換算で利用できます。
「三井住友VISAカード」は初年度年会費無料、1,000円=1ポイント付与、ポイント交換はWAONへの移行ポイントが5倍、キャッシュバックなら1ポイント=3円となっています。
ライフカードは他のカードと比較してみても高水準のポイント制度が魅力的なカードです。
1000ポイントで5,000円、1800ポイントで10,000円、8800ポイントで50,000円の商品券へ交換ができるという、金額が高くなるほどポイント交換数がお得になっています。
商品券をゲットしたい人にはこのクレジットカードがおすすめです。
JCB EITカードは貯めたポイントを交換できる商品数やポイントの移行先数、キャッシュバックなどポイントの使い道が豊富な点が魅力のカードです。
楽天カードは100円=1ポイント=1円として使えるので、ポイントの取りこぼしがあまりありません。
三井住友VISAカードは、ポイントの交換レートの高さが魅力です。

 公共料金の支払いでお得 

アフラックのアヒル  アフラックの代理店  アフラックの医療保険  アフラックの子ども保険  アフラック生命保険  オーネット  無利息キャッシング  自分専用のドメインを取ろう!  低金利おまとめローン  マンツーマン英会話
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi